Omnivorous News  旬なTOPIX

話題のニュースの中から興味があったものだけをピックアップ。 芸能、事件、政治、新製品、社会、IT、ネット関連 何でもかんでも                     Omnivorous News 雑食ニュース


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムを作るとしたら・・・・

お堅いイメージのある科学技術振興機構のホームページ「SciencePortal」(サイエンスポータル)の「からくり人形とロボット」のコーナーに掲載されている。
http://scienceportal.jp/reports/robbot/10.html

学者さんが真面目に考え見積を出している。
総額795億2100万円

メインコンピュータは、IBMのブルージーンというスーパーコンピュータ利用で1億7,100万円。モーターは400KWの大きなモーターを使い、下半身が12個、胴体に2個、腕が14個、首2個の合計30個を利用します。ちなみに、新幹線が300KW、電動スクーターがだいたい500Wです。このモーターだけで8億円くらい。ここから動力はどれくらいかを計算すると、アパッチという軍用ヘリのエンジンで7機分。アパッチ1機で57億円なので、7機で399億円。それらすべてを合計するとだいたい800億円弱となります。(記事引用)

それでいて歩くことはできるが、空は飛べない、人は乗れないとの事だ。

頑張って走ってみても8キロ程度。

これなら、人間の方が早いではないか。
仮にこれだけの費用をかけて作ったとしても何に使えるのか?

かなり前の話だが、ベストセラーになった柳田理科雄氏の「空想科学研究所」にも掲載されていたかと記憶するが、身長には体重の限界があり、巨大にしすぎると、足の太いロボットにならざるをえない。そうすると自重が重過ぎてスピードが出せないのだ。

詳しくは上記サイトを見て欲しい。

実際、人型の巨大ロボットを製作する意味というのはあるのだろうか?
人型である必要はないのだろう。
それぞれの用途に応じた形状というものがあるはずだ。

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。