Omnivorous News  旬なTOPIX

話題のニュースの中から興味があったものだけをピックアップ。 芸能、事件、政治、新製品、社会、IT、ネット関連 何でもかんでも                     Omnivorous News 雑食ニュース


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイキのロゴの秘話

82fbfb0c.jpg

スポーツ用品の大手「NIKE」のロゴは社名の由来でもあるNIKEの社名の由来である、サモトラケのニケ(勝利の女神)の羽根をイメージしているというのは有名な話ですが、このデザインにはたった35ドルしかデザイン料を使っていなかったそうです。

1971年にナイキの創業者であるフィル・ナイトが講師をしていた大学で、デザイン科を専攻していた女子大生のキャロライン・デビッドソンに、ロゴのデザインを依頼したそうです。

しかも出来上がってきたデザインに対し彼は、印刷の都合で急いでロゴを決める必要があったため、「今はこれが最良のデザインとは思わないが、時間がたてば馴染むに違いない」と彼女に言い、妥協の末に選択しました。

そういった経緯や収益が低かった頃とはいえ、さすがにたった35ドルなんてケチくさい経営者だなと思いきや、ちゃんと粋な計らいをしていたようです。

それから12年後の1983年、キャロライン・デビッドソンはフィル・ナイトに昼食会に誘われます。

そこで当時のナイキのメンバー達と共に彼女を待っていたのは、ダイヤモンドと金で出来た、金のスウッシュ(ナイキのロゴ)の指輪でした。

さらに、彼女にはナイキの株も贈られたそうです。

1863971923.jpg
スポンサーサイト

「神の手」マラドーナが謝罪 あれは「俺の手」だった。



マラドーナと言っても今の若い方たちにはピンとこないかもしれないが、アルゼンチンのサッカーの英雄として、今でも取りざたされている。
また、このビデオをテレビなどで見た人は多いだろう。
有名な「神の手ゴール」と呼ばれているものだ。

そのマラドーナ、この程、あれは「神の手ではなくハンドだった」と謝罪をした。(原文はこちら

私たちの世代にとってマラドーナは今のベッカムやロナウジーニョ以上のスーパースターだったと思う。

小さな体で広いグラウンドの中をそれこそ神の様な動きで相手ディフェンスを抜いていく。

とても恵まれた体格とは言えない彼がスーパースターとして活躍していた事は、多くのサッカーキッズの希望になっていたに違いない。



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。