Omnivorous News  旬なTOPIX

話題のニュースの中から興味があったものだけをピックアップ。 芸能、事件、政治、新製品、社会、IT、ネット関連 何でもかんでも                     Omnivorous News 雑食ニュース


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レオパレスの悪行が表面化

今さらって感じがするのだが、同社の悪い噂というか実話は業界では当たり前の話。

消費者団体の「消費者支援機構関西(KC‘s)」(大阪市)が同社に対して改善を要請する申し入れを2月1日付で行った。
KC‘sの申し入れ書によると、レオパレスは「システム料金」の名目で初期費用として家賃1カ月分が必要なことを契約書に示している。
これについて「システム料金の実質は、入居契約の際の敷金または礼金と同じものと解され、趣旨や対価性が明確ではなく問題である」として、徴収をやめるべきだと申し入れている。
このほか「退去時に徴収している基本清掃代、室内家具・備品の清掃料、騒音苦情の際の違約金」についても徴収をやめるか改めるよう申し入れた。基本清掃代とはワンルームで26、770円など間取りによって金額を設定して物件明け渡し時に徴収している。
騒音苦情とは近隣から入居者に対して苦情があった場合に、レオパレス側に違約金5、250円を支払わなければならないという。
これらは消費者契約法での不当な契約条項の使用に該当するため、改善を申し入れた。

退去時の基本清掃代というのは、結構どこの業者でも見受けられるが、驚くのは「騒音苦情」

騒音の苦情があればレオパレスに違約金を支払うといのは解せない。
レオパレスの部屋は隣のイビキやオナラの音まで聞こえるっていうのは定説。もともと壁が薄いのを棚に上げて、文句を言われたらお金を徴収しますよってのは、わざわざ壁を薄く作っているのでは?と疑ってしまう。

可哀想なのは住民だけではなく、建物所有者もそうだ。
レオパレスのアパートと言っても、レオパレスが所有者ではなく、地主にアパートを建てさせて、それを借り上げするというシステム。

20年借上げしますから、家賃の心配は無いですよ。安定収入が保証されますよ。といった言葉で地方の地主さんをローラー営業をかけ建築してもらうのだ。
大手有名ハウスメーカーの建物の原価率は60~70%程度だが、レオパレスの建物の資材や、工事状態をみるとはるかに利益を取っているように思う。借上げ賃料に見合う利益を建設時に得ているのだろう。ドアの建て付けが逆、防音材や断熱材が入っていないっていうのは当たり前のようだ。

営業マンに対する歩合給もかなりな額なようで、大手ハウスメーカーから歩合給目当てに転職するものも多い。
営業地域を決めローラー作戦で建てるだけ建てて、安普請だ。建設費が高すぎるといった苦情が出始めると、そのことを知らない別の地域に移っていく。

書くとキリがないが、今回の件で改善されていくのでしょう。

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://omnivorousnews.blog35.fc2.com/tb.php/52-fd4a6792
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。