Omnivorous News  旬なTOPIX

話題のニュースの中から興味があったものだけをピックアップ。 芸能、事件、政治、新製品、社会、IT、ネット関連 何でもかんでも                     Omnivorous News 雑食ニュース


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WordPressも使える無料レンタルサーバー - 2

前回に続き今回は、取得したアカウントにWordPressを導入していく方法を紹介します。

まずは、取得したアカウントのコントロールパネルにログインします。



ログインページ

アカウント作成時に入力したメールアドレスとパスワードでログインし、
Go to CPanelをクリックしてコントロールパネルを開きます。



コントロールパネルが表示されました。



WordPressをインストールするには、まずサーバー上にデータベースを作成する必要があります。

データベースを作成するためにメニュー内の「My SQL」をクリックします。



データベース作成ページが表示されますので、必要事項を入力します。



MySQL database name:半角英数で適当な文字(例:obama)
MySQL user name:上記と同じ文字

Password for MySQL user:データベース用のパスワード 半角英数
Enter password again:上記パスワードを再度入力します。

入力が完了したら、Create databaseをクリックします。

以下のようなページが表示されますので、内容を控えておきます。



これで、データベースの作成が完了しました。

サーバーにWordPressのプログラム一式をアップロードするためのFTPの設定です。

先ずは、WordPressのプログラム一式をダウンロードします。

最新版WordPressダウンロード

ダウンロードしましたら解凍しておきます。

続いて、FTP用ソフトをお持ちでない方はFTPソフトをダウンロードします。
お薦めは定番のFFFTPです。

FFFTPダウンロード

今回はここまでです。

次回、WordPressのアップロードと初期設定に関してお届けします。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://omnivorousnews.blog35.fc2.com/tb.php/98-a9a52dbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。